バリアフリーサービス利用案内
 図書館利用に困っているかたへ

  1. バリアフリーサービスとは?
    印刷した文字(墨字)の読書が難しい、障害などにより図書館へ来るのが難しいなど図書館を利用するのに、また、読書に困っているかたへのサービスです。
    録音図書や点訳図書の貸出(全国の点字図書館等から借りて貸出します)、布えほんの貸出、大活字本の貸出、対面朗読、点字講習、録音図書用機器の貸出と操作講習、読書補助具の用意などを行っています。
    これらのサービスは、青森県点訳、音訳奉仕員養成講習会を修了した当館職員が行っていますので安心してご利用ください。


  2. バリアフリーサービスを利用するには?
    市内にお住まいのかた、在勤、在学のかたはどなたでもご利用になれます。利用はすべて無料です(コピーなど一部有料です)。
    はじめに、図書館カウンター、お電話、ファックス、メールなどで利用登録してください。代理のかたでも結構です。
    登録申請書はPDF版とWord版の二種類あります。
    高齢で目の不自由なかた、本を持って読むことのできないかた、発達障害により文字が読みにくいかた、視覚に障害のあるかた、障害などにより図書館に来るのが難しいかたにおすすめします。
    障害者手帳がなくても利用できます。


  3. バリアフリーサービス内容
    1. 録音図書(デイジー図書)、点訳図書、朗読CDの貸出

      • 録音図書(デイジー図書)、点訳図書は全国の点字図書館などからの借受け及び国立国会図書館視覚障害者等用データ送信サービスを利用して貸出します。
      • 録音図書(デイジー図書)、点訳図書はバリアフリーサービス利用登録者のみの貸出となります。
      • デイジー図書とは、デジタル化された録音図書です。章ごとの頭出しやページ移動ができます。デイジーに対応した再生機や再生ソフト、再生アプリがインストールされたパソコン、携帯端末が必要です。
      • 好きな本の音声データを入れて、機器ごと貸出もします。
      • 録音図書を聞くためのデイジー再生機の使い方のご案内をしています。利用されるかた、ご家族、ガイドのかたと一緒に説明を聞いていただくこともできます。
      • 朗読CDは当館資料を貸出します。
      • 朗読CDはどなたでもご利用できます。
      • 朗読CD目録(テキストファイル)はこちらからどうぞ。
      • 録音図書(デイジー図書)、点訳図書、朗読CDは合計5タイトル、1か月貸出できます。
      • 貸出、返却は、視覚に障害のあるかたは郵送をご利用いただけます。郵送料はかかりません。バリアフリーサービス利用登録者で視覚に障害のあるかた以外は配本します。
    2. 点字を覚えたいかたへの講習

      • 点字の読み書きの講習を職員が行います。
      • 場所は、市立図書館2階対面朗読室または伊藤忠吉記念図書館で行います。
      • 時間は、午前10時から午後5時まで、1回2時間まで、月2回までご利用いただけます。
      • 利用されるときは図書館へご連絡ください(電話0173-34-4334)。希望日時をお知らせください。担当職員と日程を調整して実施いたします。
    3. 対面朗読

      • 図書館の本や新聞、雑誌、お手持ちの資料、インターネット情報などを職員が読みます。メモ用に録音もできます。保存のためのCD-Rなどはご持参ください。
      • 場所は、市立図書館2階対面朗読室または伊藤忠吉記念図書館で行います。
      • 時間は、午前10時から午後5時まで、1回2時間まで、月2回までご利用いただけます。
      • 利用されるときは図書館へご連絡ください(電話0173-34-4334)。ご希望の資料名や内容、希望日時をお知らせください。担当職員と日程を調整して実施いたします。


  4. いろいろな資料
    • 大活字本
      • 大活字本とは、大きい文字(14から22ポイント)を使った本のことです。小さな文字が読みにくい高齢のかたに好評です。大活字本はどなたでもご利用できます。
      • 大活字本は一般室壁ぎわにあります。
      • 大活字本目録(PDF)はこちらからどうぞ。
    • CD
      • 文学作品の朗読、落語、音楽などのCDがあります。どなたでもご利用できます。
      • お手持ちのCDプレーヤーで聞くことができます。
    • 録音図書(デイジー図書)
      • 活字を読むのが難しいかたのための資料で、音声で聞くことができます。専用機器、パソコン、携帯音楽プレーヤーで聞くことができます。バリアフリーサービス利用登録者のみ利用できます。
    • マルチメディアデイジー図書
      • マルチメディアデイジーとは、パソコンで音声を聞きながら、絵や文字を見ることができる図書です。文字の大きさや背景の色、文字を読み上げるスピードなどが変えられるので、文字が苦手なお子さんや印刷された文字が読みにくいかたにおすすめです。視覚障害のほかに学習障害、知的障害、精神障害のかたに有効であることが国際的に広く認められてきています。マルチメディアデイジーを再生するには、専用のソフトが必要な場合もあります。「アミ」というフリーソフトを使ってパソコンで再生するほか、再生できる様々な機器が開発されつつあります。プレクストークでは音声再生ができます。マルチメディアデイジー図書はバリアフリーサービス利用登録者のみ利用できます。
      • マルチメディアデイジー図書体験パソコンは、バリアフリーサービスコーナーにあります。
      • マルチメディアデイジー目録(テキストファイル)はこちらからどうぞ。


  5. 施設・設備のバリアフリー対応
     障害のあるかた専用駐車スペース(1台)があります。
     車いすのかたや子どもが届く高さにインターホンを設置しています。
     図書館入口までスロープがあり、入口から1階ロビーまですべて自動ドアですのでスムーズに入館できます。
     1階には、車いすのかた、妊婦さん、子ども連れのかたなど誰でも利用できるトイレがあります。大人も利用できる多目的ベッドがあります。
     車いすは、玄関近くに2台あります。車いすに取り付けることのできるテーブルがあります。
     正面玄関から1階カウンターまでと、2階対面朗読室に向かうまでとに点字ブロックがあります。
     1階ロビーにバリアフリーサービスコーナーがあります。朗読CD、点訳図書、手話や点訳関連図書、拡大読書器、点字器と点筆、デイジー図書体験パソコンなどがあります。
     2階に対面朗読室があります。対面朗読や点字講習のときに使います。
     読書補助具は、拡大読書器、自動音声読み上げ機(よむべえスマイル)、老眼鏡、虫眼鏡、リーディングトラッカーをご用意しています。
     カウンターに筆談ボードとコミュニケーションボードをご用意しています。
     音訳ボランティアのかた用に音訳図書製作用機器(DR-1)をご用意しています。録音作業の際はご予約の上対面朗読室をお使いください。
     デイジー再生機プレクストーク、携帯プレーヤー(大、小)、MP3対応のCDプレーヤーの貸出を行っています。使ったことのないかた、購入を検討されているかたは、図書館でまず操作してみてください。使い方の説明をします。


  6. 子どもへのサービス
    • 布の絵本
      • 布の絵本は様々な障害のある子どものために作られ、布のもつやわらかさ、あたたかさ、視覚的な美しさが、子どもたちに安心感を与えます。
      • マジックテープやスナップをはめたり外したりするのを楽しむうちに、指先の訓練になるという効果もあります。
      • ご利用いただけるのは、市内在住、在学の障害のあるお子さんや、障害のあるお子さんのいる市内の団体、特別支援学級などです。
      • 5冊まで15日間貸出します。
      • 布の絵本目録(PDF)はこちらからどうぞ。
    • 点字付き資料、バリアフリー関連資料


PDF版の利用案内はこちらからどうぞ。


お問い合わせ
 〒037-0046 青森県五所川原市字栄町119
 五所川原市立図書館
  バリアフリーサービス担当
   電 話   0173-34-4334
   ファックス 0173-34-3256
   メール   tosyokan@city.goshogawara.lg.jp


トップページへもどる